病院の薬剤師がドラッグストアへ転職

病院での薬剤師での仕事に生きがいを感じていた

病院での薬剤師での仕事に生きがいを感じていた病院での勤務は残業代や給料に不満ドラッグストアに転職し給料も満足薬剤師の仕事をするため転職することにしました

私は病院で薬剤師をしていましたが、悩むことが多くてドラッグストアに転職しました。
病院の仕事を最初のうちは一生懸命やっていました。
生きがいを感じることも多かったです。
患者さんが病気が良くなったと言う時は特に嬉しかったです。
それから自分が大学で勉強したことをいかせるのも生きがいの一つでした。
総合病院だったので、薬の知識が増えていきます。
新薬についても勉強しやすい環境でした。
このように生きがいを感じながら働いていたのですが、そのうちに疲れを感じることが多くなりました。
残業が多すぎるのに、残業手当が出ることもありません。

私は薬局勤務ですがタイムカードなんてありませんが\(^o^)/www https://t.co/auNBgYiq1W

— 薬剤師すずめ@雑記ブログ運営初心者 (@yakuzaishi_syum) 2019年3月10日
当時は意識していなかったのですが、サービス残業をしていたことになります。
周りの人たちもそれは同じでした。
残業をするのは当たり前といった感じで働いています。
残業自体は悪いことではありません。
それでも予定外の残業は苦痛でした。
友達と遊びに行くのも難しかったです。
女性とのデートも急にキャンセルすることがありました。
恋人がいたのですが、仕事のせいで別れることになってしまい悔しい思いをしました。
こんな状態が続いていたので、職場をやめたい気持ちがだんだん強くなってきます。
もう一つ不満があって、それは給料のことです。
地方の病院なので都会にくらべて低く、年収は400万円代でした。